家計簿をつけてみて思うこと

05.06

コメントは受け付けていません。

私は去年女の子の母になり、生まれて初めて専業主婦になりました。

高校入学と同時にアルバイトをはじめて以来妊娠するまで(正確には臨月手前まで働いていましたが)ずっと家事手伝いのようなことはしてきませんでした。

なのにいつだって金欠で、その代わりに着もしない洋服や読みかけの本、開封すらしていない雑貨類に埋もれていたのを記憶しています。
今考えるとあの当時は扶養内の範囲ではあったものの学校以外は常にバイトをしていたし、固定出費といえば携帯代くらい。
食費や光熱費の心配とは無縁の生活を送っていたのですから今より贅沢な暮らしをしていたのもうなずけます。

専業主婦になり初めて家計のやりくりなんかに気を遣うようになりました。

あのころの自分に「そんな無駄なもんばっか買ってないで将来のために貯金しなさい」と言ってやりたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る